葉酸サプリの安全性

妊娠中に葉酸サプリを摂取する方は多いでしょう。
しかし、どのような成分なのか、どんな効果があるのかは分からない方が多いのも事実です。

 

葉酸は母体のDNAの情報を正しく形成する酵素の働きをサポートする成分です。つまり、葉酸が不足することにより、胎児の細胞やDNAに影響がでるのです。そのために、妊娠中の葉酸の摂取は重要だといわれているのです。葉酸を多く含む食品は、ほうれん草やブロッコリー、レバーなどがあります。

 

毎日の食生活に取り入れても、摂取量が足りなくなってしまうのが現状です。そこで、葉酸サプリメントを利用します。
サプリメントを利用する際には安全性も考慮したいものです。

 

厚生労働省が推奨している葉酸サプリの摂取量は0.4mgといわれています。この基準を達していなければ、サプリメント摂取の意味がありません。推奨量が摂取できるサプリメントを選びましょう。また、無添加であること、天然由来の成分であることも重要です。

 

体に取り入れるものですので、成分や添加物は必ずチェックしましょう。さらに放射線チェックも行なっていると、より安心です。また、葉酸だけでなく、ビタミンやミネラルも配合されたサプリメントが良いでしょう。偏りなくバランスよく摂取できるサプリメントがお奨めです。